不眠症改善|寝れない原因と症状を解決!

不眠症改善|寝れない原因と症状を解決!

MENU

不眠の改善について

不眠の改善はその原因を改善することが大切になります。何かの疾患によるものであれば、疾患を治すことが重要です。またなかなか改善されない疾患などは、原因の改善まで睡眠薬を使用することもあります。例えば痛みや痒みによる不眠は、その痛みや痒みの原因の治療をしつつ、とりあえず睡眠薬で睡眠を得ることも必要になるでしょう。
しかし単に不眠症だからといって、一時抑えの睡眠薬を使っても原因はどんどん悪化することもあり、睡眠薬の副作用も気になります。だからこそできるだけ自然に上手に不眠症を改善したいものです。不眠症は原因を探り、そして原因を改善することが必要となります。

 

定期的な運動

適度な運動を定期的あるいは毎日継続して行うことも大切です。適度な運動は寝付きも良くなり、質の良い睡眠が期待できます。特に単発的に行なうのではなく、定期的や毎日同じように行うことで体もリズムができるのでおすすめです。

寝室の環境

寝室の環境は十分考える必要があります。例えば寝付きの悪い人なら、外からの光が入り過ぎていないか。また逆に寝起きの悪い人は、朝になって朝日が感じられるようなすき間があるでしょうか。また睡眠中の雑音、道路の音など騒音の状態はどうでしょう。また室温と湿度はどうでしょう。夏は寒くなっていませんか、冬は逆に暑すぎたり乾燥していませんか。このようなことも改善の1つとして考えましょう。

寝具について

ベッドの硬さはどうでしょう。硬すぎたり柔らかすぎたりしていませんか。枕の高さや材質は自分にあっているでしょうか。布団は重すぎないかなども見直してみましょう。

睡眠前にお風呂について

お風呂は就寝予定1時間前までに入っていますか。お風呂は体を温めますが、その後からだが冷えていかないと睡眠状態にはなれません。そのため就寝前1時間には入浴が終るようにしましょう。お風呂自体はストレスを解消し、質の良い睡眠のためにも絶対におすすめです。

睡眠サプリも取り入れてみる

栄養のバランスのとれた食事は当然必要ですが、やはり睡眠サプリなどのサポートも取り入れることもおすすめです。そんな中でもグリナは人気のある睡眠サプリです。グリナお試しは気軽に取り入れることができます。

就寝前の行動

就寝1時間程度前からは、就寝モードにするこが大切です。スマホやパソコン、テレビなどブルーライトから目を離し寝室の照明も暗めにして、ゆっくり音楽を聞いたり読書をしながら就寝の助走的な時間をつくりましょう。スムーズに睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されるようになります。

就寝前に日記を書く

就寝前に日記を書くことは、とてもスムーズに睡眠へ引きこまれるために効果的に作用する人と、逆に眠りにくくなってしまう人がいます。日記を書いて1日を振り返えることで心が落着く人にはおすすめ。しかし悔しかったこと、残念だったこと、やり残したことで頭がいっぱいになってしまい逆に目が冴えてしまう人もいるため注意は必要です。しかし自分がどっちなのか試してみる価値はありそうです。
就寝前にはコーヒー、お茶などのカフェインの入ったものは避けるようにしましょう。特に就寝の4時間前からストップします。また食事も就寝3時間前までに終らせるようにしたいものです。お腹がいっぱいになると、消化するために胃に血液が集注し、頭への血液が減るため眠くなりますが、数時間で目が覚めて逆に眠れなくなってしまう原因にもなります。